フィルムカメラ

友人からもらったフィルムカメラで身の周りの景色や人を撮っています。


心が動くものを見たときに

「絵に残したい」と真っ先に思うので

カメラとは縁のない人間だと思っていました。

今でも、「フィルムカメラで写真を撮っている自分」というのが不思議なくらいです。

そんな私に、カメラを持っている姿が自然だと言ってくれる人がいたりして。。


自分ひとりでは、自分自身の事をはかる事なんでできないんだなと。

自分では気づくことができなかった、でも確かに持っている世界を気づかせてもらうために

人は交流をするのかなって。

「私は私なんです」と、自分で作ったイメージに固執してしまうのは

なんだかもったいない気がするので、

そういう扉はなるべくオープンにして過ごすようにしています。



カメラの事は全く詳しくないので、見よう見まねで、とりあえず撮ってみているという

軽い感覚なのですが、その軽さが良いのかもしれない。

絵は、やりたいことが多すぎたり、余計な情報も知ってしまっていたり、「うまく描こう」という雑念が邪魔をしたりして

純粋に楽しめないときがあるので。。


こうやって余計なストレスなく、自分の感じたものを残せる方法を、

1つくらい持っていても良いものだなぁ、と。


現像された写真を見て、「この写真の光の具合を絵に描くとしたら…?」

なんて、結局は絵のことばかり考えてしまうのですが。笑


0コメント

  • 1000 / 1000