素材の話

「生地が安くてもブランドのロゴが入れば売れるから、生地はどうでもいいと思うの。」


平日のランチで隣の席から聞こえてきた会話。デザイナーの方でしょうか。

「生地はどうでもいい」という言葉を平然と言ってのける姿に戸惑ってしまった。



着心地が良いかどうか

身体のラインと合っているか

デザインからドラマを感じられるかどうかーーー…。


私自身はブランドの知名度は二の次で、服そのものを見て買い物をしている。


だから私のクローゼットの中は

知らなかったブランドも、名の知れたブランドも、

古着も、ファストファッションもごちゃごちゃで、

多国籍国家のようなのです。


でもきっと、物の価値の判断基準なんて10人いれば10通りだし

生地が安くても好きなブランドのロゴが入っていれば買うという人もいるでしょう。


何が正しい悪いもなくて

重きを置く点が違うだけ。


会話を聞いて戸惑ってしまったのは、

私とその人の位置が正反対だったから。

ただ、それだけ。


0コメント

  • 1000 / 1000