そうしてくれて嬉しい

漫画を描くのをやめていたけど、また描き始めた事を人に伝えたとき

モデルの事務所が決まったとき


「えりちゃんがそうしてくれてうれしい」

と言ってくれた友人が何人かいた。


自分自身のことではなくて、他人が起こした行動に対して嬉しいと言えるって

なんて心が広いのだろう、なんて徳の高い人なのだろうと驚いた。笑



ある時、私の古くからの絵描き友人が絵を描く職に就いたと聞いた。

それまでは絵とは関係のない職だったけど

私は彼女の絵が好きだったし、彼女が絵を描いている姿が「自然な在り方」のような気がしていたので、

絵を描いてお金を稼ぐ道を選んだ(選んだというか、話を聞くと導かれたような印象を受けた)

という話を聞いて、飛ぶように嬉しかった。

その瞬間、ふと気付いたのです。


「えりちゃんがそうしてくれてうれしい」と言ってくれた友人たちと

同じ気持ちを抱いている自分に。


他人が起こした行動に対して喜ぶのは、

心が広いとか、徳が高いとか、そんなんじゃなくて

単純に、見ているこちら側が気持ち良いからなのかなと。

パズルの最後のピースがはまるように、そうなるべくしてなる場所へすとんと落ち着いて、

その在り方が自然だから。



0コメント

  • 1000 / 1000